トピックス

魚は食べてみないと分からない、ソウダガツオ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平塚市漁協の日海丸より追っ駆けの魚が入荷しました。

久々に入荷しましたが、本筋の初ガツオが大量に入荷している時期なので、値付けも非常に厳しいですね。

実は祝日前に取引先の担当者と釣りの話となり、偶然ソウダガツオの話をしたところだったので、ビックリです。

取引先の担当者の方は、ソウダガツオは釣っても今まで捨てていたそうです。今日はソウダガツオの良さを紹介します。

ソウダガツオには、マルソウダとヒラソウダの2種類があり、本日入荷したのはマルソウダです。

ソウダガツオは常に群集して水面にしぶきを立てながら小魚を捕食する。集まって騒ぐ、騒々しい鰹から由来していると言われています。

マルソウダもヒラソウダも鮮度が良ければ刺身でいけるそうですが、マルソウダは血合い部分が多く、生で食べるには少し勇気が必要(血合い部分で中毒の素となるヒスタミンが生成されているため。)しかし、迷わず血合いの部分は捨てましょう。

お勧めの調理方法は、煮付け、塩焼き、マルソウダをキレイに捌けたら、あとは怖いものなしですね。もし雑魚で釣り上げたら次は捨てずに是非食べて欲しいです。

IMG_3235 IMG_3234 IMG_3230 IMG_3228

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。
  2. マテガイにしては貝殻がデカイ!発泡のケースを見ると「オオミゾ」と記されており、早速ネットで調...
  3. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  4. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...
  5. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー