トピックス

魚へんに花でホッケです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日、セリ場を探索中に、珍しい魚が入荷しているのを発見しました。 

生のホッケです。漢字で書くと””、名前の由来は諸説ある様ですが、

鎌倉時代、日蓮宗の日持上人が、蝦夷地を去る礼として、これまでいなかった魚を獲れるようにし、地元の人はその魚を「ホッケ(法華)」と呼んだとも言われています。

名は体を表すの通り、ホッケは北海道で桜が咲き始める頃が脂の乗り出す目安。

5月から7月にかけて漁獲されるホッケが最高の干物の原料となるそうです。

産地である北海道以外は鮮度が落ちやすい魚のため、なかなか生で食べることは難しかったようですが、物流の進歩に伴いその機会も増えて来たようです。

刺身は逸品だそうですが、アニサキスなどが寄生している可能性が高く、生食はあまり推奨していないようです。

やはり定番は干物、フライ、煮付で美味しく食べて下さい。

IMG_0433 IMG_0436 IMG_0442 IMG_0432


 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー