トピックス

魚ータースプラッシュ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

魚市場に謎の設備が・・・・

何に使う物でしょう?

正解はこちら↓

活魚トラックから、活魚水槽に活魚を搬入するためのスロープです。

 

活魚槽には、毎日100尾前後のカンパチやハマチが入れられます。

ん!?・・・毎日!?

img_4742

 

笹川課長補佐に伺いました。

『毎日入れる』と、言う事は、いつも元気な魚販売できると言う事。

生簀に入れた魚は、時間が経つにつれ弱ってしまう。

毎日元気な魚を仕入れ、鮮度が良い物を販売する事が大事だと。

img_4745

 

魚市場で一番鮮度が良い魚を売る活魚チーム。

活きた魚が食卓に上がる事は無いですが、当社が責任を持って鮮度管理をしている魚がここにありますよ~

img_4556

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー