トピックス

黄色いのにアオナ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄の市場と勘違いさせるような鮮やかな黄色の魚、アオハタを紹介します。

アオナという呼び名は広く知られており、黄色と青色で何か違和感を感じますが、京都府舞鶴市場ではキハタとドンピシャな呼び方がされています。

名前の通り、スズキ目ハタ科の魚で、クエのようには大きくならず、ハタ科の中では小さな部類で2~3キロ程度のサイズにしか成長しません。

クエは高級魚でなかなか口にすることはできませんが、アオハタであれば価格面でも比較的リーズナブルな値段で購入できます。

しっかりとした食感の透明感のある白身魚。旨味もしっかりあります。ハタ科の魚は加熱することによって旨味が引き立てられる部分もあり、鍋物、蒸し物にしても非常に美味です。

当然鮮度が良ければ刺身もいけますよ!

IMG_1962 IMG_1963

関連記事

ピックアップ記事

  1. でっかいマダラ、今日はなぜかメスばかり入荷されています。
  2. 兵庫県淡路島、愛媛県宇和島、そして長崎県よりお馴染みのサカナが入荷してます、マアジです。
  3. フグ太郎:「お名前教えてくれるかな?」謎の魚:「・・・」フグ太郎:「どこから来たの?...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー