トピックス

黄色いのにアオナ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄の市場と勘違いさせるような鮮やかな黄色の魚、アオハタを紹介します。

アオナという呼び名は広く知られており、黄色と青色で何か違和感を感じますが、京都府舞鶴市場ではキハタとドンピシャな呼び方がされています。

名前の通り、スズキ目ハタ科の魚で、クエのようには大きくならず、ハタ科の中では小さな部類で2~3キロ程度のサイズにしか成長しません。

クエは高級魚でなかなか口にすることはできませんが、アオハタであれば価格面でも比較的リーズナブルな値段で購入できます。

しっかりとした食感の透明感のある白身魚。旨味もしっかりあります。ハタ科の魚は加熱することによって旨味が引き立てられる部分もあり、鍋物、蒸し物にしても非常に美味です。

当然鮮度が良ければ刺身もいけますよ!

IMG_1962 IMG_1963

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー