トピックス

黄金に輝くコガネシマアジ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アジはアジでも、かなり大きくなる黄金色のコガネシマアジです。
沖縄県糸満市より入荷した魚ですが、コガネシマアジは、太平洋やインド洋に分布している大型のアジで、国内では南西諸島などの南日本でよく見られます。

主に沖縄で食べられている当地では味が良いので人気があるそうです。
コガネシマアジは、幼魚や若いものは黄金色で10本程度の黒い横帯が見られます。成魚は銀色を帯びるようになり、横帯は不明瞭になって黒斑に変わるようです。

参考にネットより幼魚の写真をお借りしましたが、どうですか黄金色の綺麗な魚体可愛いでしょ。

コガネシマアジの幼魚は、アクアリストには大人気の魚で、この魚で海水魚の群れを作りたいと思う方も多くいるのですが、コガネシマアジは、最大1メートル以上にまで成長する魚なので、複数匹飼うには、相当の大きさの水槽がないと飼えなくなるので注意が必要です。

この魚は、シマアジとほぼ同じ頃に旬を迎え(春から初夏)透明感のある白身で美味しい魚です。
アラブ首長国連邦の先史時代の遺跡からコガネシマアジの骨が出土しており遥か昔から食用魚として利用され、今やアクアリスト・アングラーをも魅了する魚です。

IMG_5002 IMG_4999 55555

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー