トピックス

黄金のアジ、知っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、おさかなマイスター宮島社員イチオシ奥地あじを紹介します。

写真を見てどうですか、黄金色に輝いていませんか?この奥地あじは、愛媛県西予市三瓶町の漁師が一本釣にこだわり活きたまま漁港に持ち帰ったものです。

アジにはクロアジとキアジがあり、その違いは黄色の元となるカロチノイド色素の一つ、ツナキサンチンの差と言われています。奥地あじはキアジに分類されます。

鯛が赤いのはアスタキサンチンと言う色素が影響しており、養殖鯛を赤くするために、アスタキサンチンを多く含むエビやカニを餌に混ぜるそうです。

産地奥地湾はリアス式海岸のため豊富に魚の餌となる小魚等があり、餌が良いのもアジそのものの味に大きく影響しています。

アジの味そのものの差としては、脂の乗りが違うそうです。普通のアジの筋肉内脂肪の割合と比べて、平均して脂が乗っているそうです。一度は口にしてみたいものです。

IMG_4848 IMG_4860 IMG_4864 IMG_4831


 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー