トピックス

黄金カニ、知ってますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仲卸伊勢三の店先で、おさかなマイスターの宮島さんから声をかけられ、珍しい「黄金カニ」と言う紅ズワイガニ?をみつけました。

筆者のポリシーとして、ライバル会社の魚はブログに載せないつもりでしたが、あっさり方針転換です。(すいません)

兵庫県の香住港から出荷されたカニで、きっと声をかけられなければ取り上げていなかったものです。

黄金カニは、見た目色の薄い紅ズワイガニと言った印象です。

活けの状態で入荷していますが、2匹とも甲羅にカニビルが1つもなくとてもキレイです。

脚の殻はしっかり堅く、脱皮したてではないことは宮島さんが確認してくれました。

伊勢三の久保田さんの話では、1,000匹に1匹しか獲れないレアなカニだそうです。

生息地は紅ズワイガニが水深500~2,500㍍、ズワイガニが水深200~400㍍ですが、この黄金カニは両者の中間あたりにいるそうです。

では黄金カニの正体は何なのか?

実は紅ズワイガニとズワイガニのハイブリッド(混血)、つまりは異種交配によって誕生したカニなんです。

偶然の産物、100%天然の黄金カニは、紅ズワイガニ漁の水揚げの中に1,000~10,000匹に1匹いるかいないかの確率、超稀少価値が高いです。

名前の由来は茹でると口のまわりが「黄金」色になることから、このように呼ばれているそうです。

肝心の味の方は、先週エンドユーザーへ販売しているが、イイとも悪いともまだ言われていないそうです。

みなさん、どうぞとは簡単に言えない食材ですが、いったい「黄金カニ」はいくらなんでしょうか興味あります。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 東京湾子安より、縞々の魚がリンゴ箱に入って入荷しました。
  2. 市場休みの前、別の記事でも紹介した長崎県対馬ブランド魚「紅瞳」。
  3. 本日の朝どれ鮮魚『追駈け』セリの1番札は不動の人気魚『平塚漁港の真アジ』梅雨...
  4. 第一土曜日、ハマの市場を楽しもう(市場開放)が開催されました。
  5. ある1通のメールが、当社のHPのお問合せに寄せられました。

アーカイブ

市場カレンダー