トピックス

(骨・骨)/ マダラが美味しく食べれる秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吐く息が白くなると、冬らしさが一層感じられますね。

そんな日が続くと、食べたくなる料理といえば・・・

%e9%8d%8b

鍋ですよね・・・

 

鍋の定番魚と言えば「タラ」ですが、切身を食べて「」を見つけた事はほとんどないのでは?

もちろん鱈には骨があるのですが、なぜでしょう・・・?

 

それは骨を除去しているからなんですね~

骨取りしている商品を探してみました。

 

まずは、冷凍品。

アメリカ産のマダラを3枚に卸し、骨を取った商品です。

img_4211

身を見てみると・・・

img_4212

凍っていてわかりません・・・が、とても綺麗な加工ですね。

外箱には、「丁寧に手作業で一本、一本取り除いております」・・と記載が。

img_4208

こんな感じです(イメージ)

dscn0185 dscn0197

 

次に鮮魚(生鮮)の商品です。

img_4225 img_4223

こちらは機械を使って、骨を除去しているそうです。

腹骨も見事にありません。

img_4228

 

骨が無ければ、小さいお子さんや、お年寄りもパクパク食べれますね。

でも、青森の「じゃっぱ汁」は、タラのアラ(頭や骨)だけを使う郷土料理なのですが、これが旨いんです。

骨は魚の旨味(出し)が出るんですね~。

あなたなら、どっちを選びますか~

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。
  2. ムムム・・・これはアサリなのか・・・箱には『特大あさり貝』と記載が・・・...
  3. 三重県鳥羽市よりトロ箱が入荷、中身はマグロ?いいえオオニベです。
  4. かなりレアだけど、少々微妙な画像を紹介します。北からは、高級魚の松川(松川ガレイ)。
  5. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...

アーカイブ

市場カレンダー