トピックス

(骨・骨)/ マダラが美味しく食べれる秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吐く息が白くなると、冬らしさが一層感じられますね。

そんな日が続くと、食べたくなる料理といえば・・・

%e9%8d%8b

鍋ですよね・・・

 

鍋の定番魚と言えば「タラ」ですが、切身を食べて「」を見つけた事はほとんどないのでは?

もちろん鱈には骨があるのですが、なぜでしょう・・・?

 

それは骨を除去しているからなんですね~

骨取りしている商品を探してみました。

 

まずは、冷凍品。

アメリカ産のマダラを3枚に卸し、骨を取った商品です。

img_4211

身を見てみると・・・

img_4212

凍っていてわかりません・・・が、とても綺麗な加工ですね。

外箱には、「丁寧に手作業で一本、一本取り除いております」・・と記載が。

img_4208

こんな感じです(イメージ)

dscn0185 dscn0197

 

次に鮮魚(生鮮)の商品です。

img_4225 img_4223

こちらは機械を使って、骨を除去しているそうです。

腹骨も見事にありません。

img_4228

 

骨が無ければ、小さいお子さんや、お年寄りもパクパク食べれますね。

でも、青森の「じゃっぱ汁」は、タラのアラ(頭や骨)だけを使う郷土料理なのですが、これが旨いんです。

骨は魚の旨味(出し)が出るんですね~。

あなたなら、どっちを選びますか~

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー