トピックス

1本釣りは、魚の商品価値が上がる漁法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

漁法には様々な方法があり、遠洋、沖合、沿岸と漁をする場所によっても異なります。

平塚や小柴、富岡は、沿岸漁業に該当し、定置網漁、小型底曳き網漁、まき網漁、刺網漁、釣り漁などが皆に知られている漁法です。

この中でも魚の価値が一番高くなる漁法は釣り漁(一本釣り)です。

皆さんが知っているブランド魚、大分県の関サバ、関アジ、愛媛県の奥地あじ(黄金あじ)は1本釣りで大切に扱われているからキレイな魚体が維持されているのです。

一本釣りの証拠ありました。釣り針が口についていましたよ。安心して下さい、釣り針が口に付いたままスーパーや百貨店に出回ることはありません(苦笑)。

店先に一本釣りなんて表示がされていたら、限定品と同じようにワクワクしてしまうでしょうね。

IMG_2658     IMG_2659IMG_2661IMG_2563IMG_2560IMG_2561

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー