トピックス

100%天然の脂のり、ときしらず。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道で獲れる鮭は、お馴染みの秋鮭(通称・秋味)と、ときしらず(通称時鮭またはトキ)に大別できます。

時鮭とは毎年5月から7月頃にかけて三陸沖や北海道沖で獲れるサケ(シロザケ)のことです。

サケが旬の季節の秋ではなく、春から夏にかけて獲れるため、時期が異なると言う意味で「ときしらず」と呼ばれ、実際に「時知らず」と書かれることもあるそうです。

時鮭になるのは、日本の河川で生まれたサケではなく、ロシア北部の河川で生まれたサケと考えられている。回遊中に日本の近海に現れた若い個体であり、まだ成長途中で卵巣や精巣も未成熟。

そのため、身肉に栄養素や脂が凝縮されていて美味だとされています。ときしらずの魅力は何と言っても脂がのったハラミ。焼いてみるとジュージューとしたたり落ちる脂。

「クドイかな?」と思われがちですが、食べてみると脂のおかげで鮭の味がマイルドに伝わりますよ。

本マスと比較されるそうですが、魚体の美しさは双璧ですね。食べてみたいですが、あまり美味しいものばかり食べているとお財布が心配です。

IMG_1867 IMG_1878

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー