トピックス

6つ星がチャームポイント、ムシガレイ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少し旬を外してますが、まるで白い紙が水に濡れ滲みて身が透けてるようで面白いので、今日ご紹介します。ムシガレイです。

今日は富岡より入荷しており、見た目通り薄く柔らかいカレイの仲間です。

ムシガレイは東京での呼び名で、目のある方を上にして、肌を見てみると6個の斑点があります。

これがムシガレイの大きな識別点で、この斑点が虫が喰ったような模様から「虫鰈」と呼ぶ事があるそうです。

鮮魚で見かけることは少なく、ほとんどが干物や加工品として市場に入荷されています。

旬は秋から春。鱗は薄く細かく取りやすい。皮はしっかりして強く骨は柔らかい。何度も繰り返しになるけど、透明感のある白身でやや水分が多く、旨味は少なめ。

干したりソテーにしたりすることで味わいが増すようです。

IMG_5913 IMG_5914 IMG_5919

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー