トピックス

Wで美味しい、子持ちカレイ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、日曜日ですが市場は開いています。

鮮魚たちは年末に向けて入荷が減ってきています。

昨日北日本では、暴風・大雪と荒れた天気と早いところでは25日金曜日で御用納めの企業もあり、社用で使われる料亭や居酒屋の需要も減少するため、仕方がないところなんでしょうか。

それでも美味しい魚が沢山入荷していますよ。

浅羽カレイ、メイタガレイ、マガレイ、赤ガレイと子持ちカレイが入荷しています。

子持ちカレイとは、卵を孵すために体で温めている抱卵した鰈を市場で販売するときに呼ぶ通称です。

アカガレイ、メイタガレイはともに冬から春先が産卵期で美味しい時期です。

旬を迎えた子持ちカレイは沢山の卵を抱え、煮付けにするとプチプチした食感を楽しめます。

また、ムニエルや塩焼き、唐揚げなど様々なレシピがあり、美味しく食べれますよ。

IMG_7294 IMG_7296 IMG_7304 IMG_7306

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー