トピックス

I ♥ SHRIMP 今日の冷凍エビは少しちがう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

I  SHRIMP 、いいネーミング。フィリピン産養殖バナメイ海老です。

横浜丸魚の海老先生工藤社員に詳しいことを聞いてみると、ストーリー性のある特別なエビだそうです。

箱に活〆原料 当日処理限定」と記載があるのは伊達ではなく、この商品の売りの1つなんです。

養殖池から池揚げ後、その場で生きたままブライン凍結と言う方法で急速に凍らせます。

そうすることで鮮度が高い状態で保持され、エビは余計な水分を含まないため、エビの持つ旨味がギュッと凝縮されるそうです。

そして、無頭、殻取り加工して袋詰めして再凍結されたものが目の前にあります。

因みに、ブライン凍結とは食塩、塩化カリウムなどの濃厚溶液(ブライン)を―20℃以下に冷却し、食品を漬け込んで凍結させる方法です。

遠洋カツオ一本釣り船で凍結されたカツオは、この方法が殆んどです。

では実際に凍ったエビの塊を解凍してみましょう。

アルミの鍋に氷水をいれて、凍ったエビの塊を投入します。

この解凍方法はプロの技が詰まった方法で、ブログでお馴染みのフグ太郎さんが行った方法です。

熱伝導率を利用した解凍方法で、エビの旨味を逃がさず、しかも通常よりも時間を短縮して解かすことができるんです。

解かしたバナメイをボイルして試食した感想ですが、とても香りが高いのに驚き、プリプリの食感にも驚き。

冷凍エビなのに、指で強く押しても跳ね返すような強力な弾力にも驚きです。

肝心の味ですが、サイズの小さめなのにエビ独特の旨味がギッシリ詰まっている、「美味しい」。

こんなエビで乾焼蝦仁を作った最高に美味しいでしょうね。絶対にお勧め素材です。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 水産のセリ場に、熊本よりブロッコリ―が出荷されました?えっ!冗談ですよ、蓋を開けたら...
  2. 最近、兎に角スミイカが気になってしょうがないんです。
  3. よく聞かれる事の一つに、「好きな魚なんですか?」と聞かれるフグ太郎君。
  4. セリ場に出向いて直ぐに、森水産の大庭さんに呼び止められて、早く写真に撮った方がイイよとアドバイスを頂...
  5. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー