トピックス

アンコウの吊るし切りは大盛況!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。

先生は、お魚マイスターの仲卸㈱ムラマツの村松社長です。

先生も自ら言ってましたが、ちょっとサイズが小さ目で下しにくそう。

村松社長の軽快なトークとぬめぬめのアンコウの滑りと格闘しながら、見事成敗しました。

皆さん、アンコウの7つ道具分かりましたか?!

①とも(胸ビレと尾ビレ)

②皮

③柳肉(白身の部分、胴体や頬肉)

④水袋(胃袋)

⑤ぬの(ちりめん)卵巣のことです。

⑥肝

⑦エラ

村松社長の説明の中で印象的なことは、おそらくアンコウの肝の値段だと思います。

国産がキロで福沢諭吉に対して、中国産は樋口一葉でおつりが出るくらい格差があるんです。

普通の鍋に中国産でも肝を加えるだけで、ご家庭の鍋のランクがワンランク・アップ変身すると話されていることに、なるほどと共感する自分がいました。

身肉にはコレステロールがたくさん含まれているので、要注意。

解いた肝汁と皮や骨からでるたっぷりのコラーゲンを楽しんでください。

ところで、魚河岸処で配布された今日のアンコウ汁は如何でしたか?

img_2747 img_2761 img_2762 img_2764_censored img_2766_censored-1 img_2770_censored

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。
  2. ムムム・・・これはアサリなのか・・・箱には『特大あさり貝』と記載が・・・...
  3. 三重県鳥羽市よりトロ箱が入荷、中身はマグロ?いいえオオニベです。
  4. かなりレアだけど、少々微妙な画像を紹介します。北からは、高級魚の松川(松川ガレイ)。
  5. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...

アーカイブ

市場カレンダー