トピックス

市場開放は計画的に動くと120%楽しめます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は第一土曜日、ハマの市場を楽しもう(市場開放)です。筆者がずっと市場開放日を見てきてどうしたら120%堪能できるか秘密でお教えします。

市場に来場する際に、何を目的にするのかによって動き方は必然的に違ってきます。今回は”楽しむ”ことを目的で計画を勝手に作りました。

 

①まず市場に到着したら、魚河岸処で魚の捌き方教室の予約を取りましょう。受付は当日8:50~9:10まで。各回定員15名で定員を超えた場合は抽選ですよ。

 

②9:00 魚河岸処で来場者サービスの汁物を並んで食べる。汁の具は、毎回季節のモノを用意していますよ。今日はつみれ。

IMG_5178 IMG_5177

③9:05 仲卸八丁武でマグロ解体をかぶり付きで見学。早めに集合所に行かないと、よく見える場所が確保できませんよ。

最後まで見ていると良いことがあるかもしれませんよ。

今日は、遅すぎて輪に入れませんでした。

IMG_5180IMG_1577

④ 9:30、10:00、10:20のいずれか魚の捌き方教室への参加。仲卸の伊勢勝、伊勢三の社長が包丁の使い方や題材となる魚の美味しい食べ方を丁寧に教えてくれますよ。

10:20の回は、比較的空いていますよ。

今日は、トビウオです。腹を捌くと、“とびっこ”出てきましたね。

IMG_5185_censored IMG_5188

⑤ 10:15おさかなマイスターによるお魚教室。仲卸ムラマツの社長が旬の魚の㊙話などを披露してくれます。

今日は、イサキの話を展開中です。

IMG_5201

時間調整に仲卸店舗でお買い物はいかがですか。意外と広い敷地なので何が欲しいのか決めて来場されると良いと思います。

仲卸店舗での買い物は、いつも買う場所を決めた方が良いと思います。顔馴染みになると、サービスあるかもね。

IMG_5172_censored

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー