トピックス

煮付けの定番魚、メバル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メバルは漢字で目張、眼張ですが目春とも示され、名は体を表わすの通り、目の特徴と、春から初夏にかけて旬であることに由来するそうです。

雅称では、春告魚(はるつげうお)とも呼ばれています。

メバルは赤・白・黒の3つの体色の種類があり、市場にも入荷されますが、素人には解りずらいです。

判別方法は、体色、胸ビレの柔軟数が、一般的にはアカ15本、クロ16本、シロ17本と異なるようです。(個体に差はあるそうです)

メバルの大きな目は飾りではなく、魚の中では視力が良く、上目使いにした状態で獲物を待ち、エサが通ると受け口の大きな口でパクリと飲み込むそうです。

表題にもあるように煮付けはメバルの代表料理方法で、白身でクセがなく肉質も筋肉質でプリプリ、脂も乗っていて最高です。

白身魚なので煮付け以外でもどんな調理方法にも対応できる素材です。

IMG_0168 IMG_0235 IMG_0242

IMG_0241


 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー