トピックス

自分流に楽しめます、市場市民開放日。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、市場開放日を、個人的に楽しんでみようと、視線を変えて仲卸売場を廻ってみました。

仕事の都合上、9時05分に開始されるマグロの解体ショーはパス。10時少し前に1階仲卸売場に行き、まず来場者へのサービスを見に行くと佃權のおでん配布に大行列です。

むむ、今日の来場は多いなと直感。

おさかなマイスターによるお魚教室を見るために、ムラマツの店舗へマグロ角太のイケメン武さんが、養殖本マグロの解体です。

解体の最中に、背後からセリの鐘の音が・・・・。急いで大物低温倉庫に行くと、名称不詳の鯛男?の市場探検隊です。

続いて、おさかなマイスターの仲卸ムラマツの村松社長より横浜地魚特集の第二弾として、ホウボウの紹介がされていました。

ホウボウには足があるのですが、その足が味を知る能力があり、海の中の砂場を歩きながら餌を捕食していると聞いてビックリです。

又、ムラマツの店内では華麗な包丁捌きで、エボダイの開きをいとも簡単に行っている姿にも感動。

ハマの市場を楽しもう(市場市民開放)、色々な楽しみ方がありますので、是非お越し下さい。

IMG_5487 IMG_5489 IMG_5479_censored IMG_5495IMG_5496IMG_5490IMG_5491

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー