トピックス

水産・食料研究会第129回講演会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年9月28日(月)、千代田区内神田にあるコープビル7階JF全漁連会議室に於いて、水産・食料研究会第129回講演会が開催されました。

今講演会には、当社岩瀬社長が講師として招かれ、「横浜中央卸売市場の『水産物部経営ビジョン~横浜食文化の一丁目一番地へ~』のめざすものー水産卸業界の今後ー」と言うテーマのもとで進められました。

当社、横浜魚市場卸協同組合のホームページに貼り付けてある水産物部経営ビジョン<横浜版>を資料に、最重要課題である「水産物取扱数量の回復」のため、10年後のあるべき姿を示し、具体的にどのようにして行けば良いのか。

8つのプロジェクトを組織し具体的に稼働し始めている旨の講演がなされた。

引き続き質疑応答の意見交換時間がとられ、水産、食料研究会のメンバーより、岩瀬社長の経歴から、エンドユーザーの変化に対する市場の対応、関東圏における中央卸売市場(築地と横浜・川崎)のあり方に至るまで忌樟のない意見交換がなされた。

最後に、横浜魚市場卸協同組合、布施理事長にも意見を求められ、正直、築地の豊洲移転は脅威であり、10年後のあるべき姿ではなく、1年でも前倒しして早期に達成できる様、卸会社2社と仲卸組合が協力し合って行きたいと話され会は閉会された。

IMG_3308 IMG_3304 IMG_3295 IMG_3321IMG_3320IMG_3329

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今シーズン大注目のドリンクになるかもしれない・・・中華街のタピオカブームはコレだ!!...
  2. 久しぶりに泡を吹いている奴に再会しました。
  3. 台風18号が通過した9月18日、九州は福岡の博多湾で、ある魚が大量発生=湧いて大騒ぎになりました。
  4. 台風が通り過ぎたから3日して、やっと本格的に入荷が戻りつつあります。
  5. 「ビノス」の愛称で呼ばれている、ホンビノスガイ。近年販売に注力し、セリ場の市民権は獲得済。

アーカイブ

市場カレンダー