「どんちっちあじ」、捌くとこんな感じ。

今何がおススメと聞かれたら・・・・・。

私は営業担当ではないですが、自信を持って「どんちっちあじ」と答えます。

だって「どんちっちあじ」を実際に見て、食べているからです。

言葉で言っても真実味がないので、三枚に下ろしたモノを見てもらうしかない。

市場なので包丁の達人は星の数ほどいますが、その中でも綺羅星の達人にお願いしました。

その人は仲卸の㈱伊勢勝の片山社長です。

今は新型コロナの影響で市場開放は中止中なんですが、市場開放の大人気イベント「お魚捌き方教室」の先生を片山社長がやっています。

朝の忙しい最中、片山社長に1尾撮影用に捌いて下さいとお願いしたら快諾してもらいました。

三枚に下ろされた「どんちっちあじ」がこちらです。

キレイな身色、薄いピンク色は脂がのっている証拠です。

そして身質がしっかりしているので、テロテロしていません。

今日は「どんちっちあじ」が白、黄色と大量に入荷。

しかし私が言わなくても魚の目利きは、良い魚を分かっています。

暫らくすると、セリ場から各仲卸のもとへ「どんちっちあじ」がどんどん運ばれて行きます。

今日入荷の新口だと、土曜日か日曜日に出漁して獲れた魚。

梅雨離れした豪雨の中で出漁していたのでは?と考えてしまうのは私だけかな。

だから出荷者に「感謝」「感謝」「感謝」。

今日も「どんちっちあじ」を買ってしまった。

早く家に帰って「どんちっちあじ」を捌きたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー