トピックス

おススメ鮭鱒入荷してますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特種課滝澤社員のセリ場で、イクラ発見!?

よ~く見てみたらマスと書いてあります。

いわゆるマスいくら、マスコとなどと呼ばれています。

見た目小粒でエアガンなどに使うBB弾のようで可愛いです?

滝澤社員からはフィーレもあるよと教えてもらい発泡に近づくと・・・・・。

オホーツクサーモンフィーレと記載されているのを発見。

マスの正体がわかりました、カラフトマスです。

さすがに今の時期では、時鮭じゃないし秋鮭でもないですよね。

オホーツクサーモンはもともと魚の性質上脂ノリノリになりませんが、フライやムニエルなど油を使って料理すると素材を活かせます。

でも・・・・・、やっぱり脂ノリノリがお好みの方は青森サーモンのサーモントラウトは如何でしょうか?

サーモントラウトとはニジマスを海で養殖したもので、尾っぽを見るとサケなのかマスなのか分かり易いです。

青森県は深浦沖の海面養殖場で育てられたサーモントラウトだと思います。

ドレスの状態で入荷して来ましたが、お腹の部分を見たり触っただけで脂のノリを感じます。

それでも一度割って中身を確認したいですね(まるでプロみたいな発言)。

今売出し中の青森サーモンなので、いろいろな薀蓄が言えるように情報を収集したいと思います。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー