かながわブランドのキンメダイは如何でしょうか?!

春嵐(はるあらし)、俳句の季語にもなっている春の自然現象です。

正に今朝は強風と強い雨、出勤時東京湾アクアラインは、一部通行止めになっていました。

今日は良いけど、明日以降GW前に、鮮魚の入荷があるのか心配です。

かなり入荷してくる鮮魚も限定的になりそう、今から画像の撮り貯めしようかな。

さて皆さんは、「かながわブランド」って知ってますか?

県と生産者団体で構成する「かながわブランド振興協議会」は、統一の生産・出荷基準を守り、一定の品質を確保するなどの要件を満たしている農林水産物や加工品を

「かながわブランド」として登録しています。

シールの貼付や発泡の箱に印刷されたロゴマークを確認しました。

今日紹介するは、かながわブランドのキンメダイです。

神奈川県に生まれ育ち、神奈川県に本社を置く企業に勤めているなら、「かながわブランド」を応援しない訳にはいきません。

神奈川で水揚げされるキンメダイは、主に水深200m以深の伊豆諸島から東京湾口にかけての海域獲られた魚です。

操業から漁港までの移動距離が短いので、鮮度の良さが大きな特徴で、1年を通して美味しいキンメダイです。

キンメダイと言ったら煮付け、煮付けと言った徳造丸の秘伝の煮汁をおススメします。

簡単、美味しく、誰でもキンメダイの煮付け作れますよ。

決して嘘は言いません、でも騙されたと思って試して下さい。

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー