これがリアル桜鯛。

仲卸の㈲元初商店の店先で衝撃の出逢い。

鯖を買いに行って、本物の桜鯛に出逢ってしまった。

吉次、アカムツ、シキシマハナダイなどキレイな魚は星の数ほどいるけど、チョット別格でした。

これが桜鯛(サクラダイ)です。

台湾では、「紅魚」、「花鱸」、「珠斑花鱸」と表すようですが、まサクラダイの美しさにピッタリの漢字記載です。

とにかくサクラダイは、絵になる魚です。

食べるのが勿体ないレベルの可愛さなんですが、食材なので美味しく食べてあげましょう。

さてどんな風に食べたら良いのか?ネットで調べてみると、唐揚げや煮付けがおススメみたい。

生・刺身は美味しいとの前評判、しかし歩留まりが悪いみたい。

実際捌いてみたら・・・・・、納得が行きました。

魚体が小さいと、せいぜい一貫のネタサイズ。

しかも血合い骨を取り除くのも一苦労なはず、今回は私だけが食べることにしたので血合い骨は無視しました。

サクラダイの刺身は、しっかりとした歯ごたえがあり噂通りの美味。

身色も薄いピンク色で、正に桜=サクラダイその名に相応しい魚です。

刺身の他に、唐揚げ用に下拵えをしたので、今日はサクラダイの唐揚げを堪能したいと思います。

機会があったら、次は活きた原体を見てみたいです。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー