トピックス

これが本当のゴマサバ、津久文の『脂ののった ごましお鯖』。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このところの天候不順の影響で、市場に入荷して来る魚も大幅に減少しています。

平塚市漁協の定置網からの『追駈け』も、ここ数日水揚げもありません。

こんな時頼りになるのが、塩干合物課吉川社員です。

筆者より、吉川社員に面白い商材はないか聞いてみると・・・・・。

売り場を見渡して、あるよ『ゴマサバ』。

えっ?!冗談抜きに本当のゴマサバ。

いえいえノルウェー産鯖に、リアルな炒りごまを塗した『脂ののった ごましお鯖』です。

茨城県の干物加工専門店㈲津久文

ノルウェー産鯖と表示がありますが、体表にある斜めに走るクッキリした筋状の模様は、タイセイヨウサバです。

タイセイヨウサバは一般的にはノルウェーサバと呼ばれ、冷凍品や加工原料には欠かせない食材です。

試しに焼いて食べてみましたが、これからやって来る夏にピッタリの商品かも。

脂がノリノリ、少し強めの塩味、そして炒ったごまが更にグリルされて香ばしい香りが食欲を誘います。

ご覧下さいジューシーな身質。

ちょっとしたことですが、大根おろしを添えて頂くと思いのほかあっさり召し上がれます。

白飯が何杯でも食べれる『脂ののった ごましお鯖』、一度お試し下さい。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー