トピックス

なぜか松輪ブランドは気になります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよっ、地産地消。

神奈川県を代表する漁協より春らしい魚が登場しました。

 

松輪漁協より『鰆(サワラ)』です。

ヨ/本、丸魚、小島様=横浜市中央卸売市場/本場(ほんじょう)、当社横浜丸魚㈱、担当小島社員宛てに出荷されてサワラです。

乾燥防止のパーチが被せられているため、サワラの全容が把握できませんが、かなり良さそうです。

パーチを捲りサワラの全容が判明!

1尾3kg相当の魚体は、予想通りかなり良さそうです。

やはり気になる=興味があるのは魚の値段。

鮮魚課小島社員に聞いてみると・・・・・、仲卸に販売する価格は1尾で、福沢諭吉で多少おつりが戻ってくる水準かな。

え~っ!そんなに値段なんだと一瞬驚いたけれど、さすが松輪ブランドの魚、仕方がないと納得です。

なぜ松輪ブランドの魚が髙いのか?

当たり前のことですが、美味しいからです。

松輪漁港に水揚げされる魚は、東京湾に生息する小魚やエビ、カニなどの甲殻類を腹一杯に食べて成長しています。

良いエサは、良い魚を育て、いい魚は価値と信頼=ブランドを産むんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー