トピックス

なぜ雛祭りにハマグリなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『其の手は桑名の焼き蛤』、誰でも知っている故事ことわざですが、そんなやり方には騙されないと言った意味です。

そんな有名なハマグリが、三重県桑名より出荷され鮮魚課小島社員のセリ場に並んでいます。

いわゆる地蛤(じはま)と呼ばれる純国産のハマグリで、貝殻全体に艶と厚みがあり、小さそうに見える粒でもズシリと重さを感じます。

魚であれば直接見て触って目利きをすれば良いですが、さすがに貝類はいちいち剥いて確認は出来ないですよね(笑)。

ちょっと前に特種課の岡社員と話した時に、以前に比べでハマグリが売れなくなったこと。そして、雛祭りにハマグリのお吸い物を飲まなくなってきたことを。

ハマグリの旬は2~4月で、まさに雛祭りの時期とちょうど重なり、昔から旧暦の3月3日雛祭り(現在の4月)がハマグリの食べ納めと言われてきたそうです。

なぜ雛祭りにハマグリなんでしょうか?

古来日本で二枚貝は、女性の象徴、姫様(女の子)を意味していました。

そしてハマグリは貝殻を1枚ずつに外すと、他のハマグリの貝殻とピッタリ合わないんです。

そんなことから、『一生、一人の人に添い遂げる』という意味を持っているそうです。

女の子の節句・雛祭りに、ハマグリのお吸い物が出てくるのは、『良い相手と巡り合いますように』と言う親の願いが込められていたのです。

ちょっと古臭いと感じるかもしれませんが、日本の歳時記に関わっている水産物。

いわれを知って行くことで、魚食普及に繋がればと思います。

雛祭りには、ハマグリを是非ご用意下さい。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー