ぷよぷよなシャチブリってどんな魚?

今朝はチョット寒い、しかも時間が経つ毎に気温が下がっている印象です。

事実当地横浜の今日の気温は、午前7時頃に1.6℃を記録しました。

でもこの寒さも今日まで、明日からは日毎に暖かくなるそうです。

今日は初めて見た魚を紹介します。

その名は「シャチブリ」、特種相対品課森社員が愛知県蒲郡の荷主より集荷したものです。

シャチブリ?う~ん、見た目シャチでもなければブリでもない。

触ってみると幻魚(ゲンゲ)みたいにぷよぷよ、

外見は唐人(トウジン)に似ています。

もしかしたら深海魚系かな?

早速ネットで検索すると、想像通り水深150~500㍍に生息する深海魚でした。

あまり市場に出回ることがない(=産地で消費されてしまうため)魚なので、レアキャラです。

水分を多く含むため鮮度落ちが早いこと、出荷するほど纏まって水揚げがないのが広く流通されない理由になっているようです。

実は神奈川県内でも、二宮や江の島でたまに水揚げがあるようです。

食材ブログで紹介しているので、シャチブリは食べてどうなのかコメントしないといけませんね。

でも・・・・・、今日初めて見た魚を美味しい不味いとコメント出来ないかな。

ネット上には、刺身、味噌汁の具、塩焼きなどが紹介されていましたが、私の少ない経験上では汁物や鍋などに活用するのがベターだと思います。

「海は広いな大きいな♬」の童謡・唱歌じゃないけど、まだまだ知らない魚がいっぱいいるんですね。

日々是勉強です。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー