もう春なの?春告げ魚のニシンの入荷増えてきました。

春告げ魚と言えば、ニシンが代名詞。

今の陽気だと、冬、早い春、それとも冬が来ていない?

う~ん、理解出来ない。

100歩譲って、早春にしておきましょう。

それが証拠にニシンの腹の中には卵、抱卵していました。

この卵こそ、黄色いダイアモンド=数の子の原料です。

当たり前ですが、オスには今の時期白子が入っています。

オスメスどちらが人気なのと聞いてみると、数の子効果なのかメスの方が人気があるそうです。

でも通な人に言わせると、ニシンの焼き白子は絶品らしいですよ。

ニシンの身は、鮮度が良ければ刺身でどうぞ。

定番レシピは煮付け、塩焼き、フライでしょうか。

個人的には、加工品になりますが糠ニシンがおススメ。

程よく水気と余分な脂が落ち、塩気がニシンの身に入るので、焼くと絶妙な味わいになります。

どうですか早~い春を少し感じながら、ニシンを頂くなんて風流じゃないですか?

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー