やっと平塚の追っ駈けがブリと共にやって来た。

長井水産㈱から美味そうな7~10㎏台のブリが入荷しました。

鮮魚課担当小島社員の話では、小田原近辺で水揚げされた魚だと説明を受けました。。

同じ相模湾だから、平塚からブリの入荷があってもいいのにと考えていました。

すると、ずっと待っていた平塚の追っ駈けがやって来る連絡が入りました。

午前5時前には横浜市場に到着し、セリ場が空くのを待つばかり。

今回は日海丸だけの出荷となりましたが、前回が去年のいつごろだったのか記憶が飛んでしまっています。

日海丸の戸川さんに魚が獲れない?と聞いてみると、台風で壊れた網の補修が長引いたこと、正直不漁続きであることを話してくれました。

ダンベ1つで余るぐらい、毎日樽があれば十分な水揚げ量だったそうです。

今日はある程度ブリが纏まって水揚げされたので、出荷してみようと考えたそうです。

トップが8㎏台と少し小振りですが、丸々、コロコロした魚体の良いのブリです。

しかし昨今の状況と水揚げが好調ことも重なり、ブリはどちらかと言えば飽和状態でダブつき気味なんです。

折角出荷しても、値がつかないと申し訳ないと心配していたのですが・・・・・。

実際にセリが始まると、紀州ブリと肩を並べる水準で槍が入り一安心。

追っ駈けは横浜市場の売りであり、顔みたいな存在。

いつもあると思わず、都度入荷を感謝して対応したいと改めて思いました。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー