トピックス

アカシタビラメ、誰か皮を剥いで下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海が荒れています。

時化、台風も日本列島に接近中。

午前4時過ぎなのに、セリ場に並んでいる魚が当社もライバル会社も少ない。

なのに大阪、愛媛、山口と1府2県から山積み出荷されている魚がいます。

タン、何となくウシの舌みたいなですよね。

名前はアカシタビラメ。

赤があるのでクロもいます。

見た目ヒラヒラで、食べるとこあるのと思わず聞きたくなりますよね。

しかし、実際に調理してみると凄いんです。

アカシタビラメの定番料理と言えば「ムニエル」、クセのない白身肉にはバターと小麦粉のこんがり焼いた香りが良く合います。

私も市場で働くようになって、身近な存在となったアカシタビラメ。

この魚を攻略するには、キッチンバサミと皮を剥ぐ腕力が不可欠。

上手に皮を剥げると気分もスッキリ、出来ないと非常にフラストレーションが溜まるので要注意です(笑)。

そろそろ産卵期を迎えるアカシタビラメ、腹を開けたら卵持ちかもよ。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー