トピックス

アジは奥が深~い魚なんですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目!近頃日増しに良くなっている魚がいるんです。

それって・・・・・、マアジ。

ブランドアジは勿論、地元神奈川からも大量入荷です。

ブランドアジ代表は、愛媛県西予市三瓶町から『奥地あじ』、そして島根県浜田市より『どんちっちアジ』が入荷しています。

 

こんなに身近に、しかも目にも、手にも触れることが出来るのに、なかなか口にすることが出来ないのだから、本当の意味で『高嶺の花』的なのだと再認識しました。

そして、横須賀は長井水産㈱、平塚は定置網のアジも、ブランド鯵に負けず劣らずの状態になってきました。

マアジは1年を通して市場に入荷があり、市場には欠かすことが出来ない魚なんですが、関東地方では、春から夏が一番美味しくなる時期です。

回遊性のアジや根付き・瀬付きのアジも、今の時期からどんどん美味しく成長していきます。

一般大衆魚の代名詞となっているマアジですが、実はこのブログを始めて分かったことなんですが、世の中には『アジファン』の方々が多くいらっしゃるんです。

私もアジがこんなに奥が深い魚だとは思っていませんでした。

自分自身振り返ると、人生最初に捌いた魚はアジ。そして去年1年間で一番数多く捌いた魚もアジですね。

知らず知らずのうちに、私もアジの虜になっているようです(笑)。

どうですか!鹿児島県からは、なんと航空便でこんな小さなお客さん=豆アジまで入荷していますよ。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー