トピックス

イワシを食べて医食同源。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年に引き続き安定的に入荷が続いている魚がいます、マイワシです。

豊漁だけでなく、ご覧の通りちょっと凄い状態です。

ぷりぷりと言う表現がぴったりで、身がはち切れんばかりです。

イワシは『海の牧草』『海の米』に例えられるように、食べることで得られるメリットがたくさんあるんです。

もう既にご存知の方も大勢いらっしゃると思いますが、青魚に豊富に含まれるDHAとEPAの効果です。

DHAとEPAは不思議なことに、イワシ、サンマ、マグロ、カツオ、サバ、アジなど青魚に多く含まれています。

魚の顔ぶれを見て見ると、『泳いでいないと死んでしまうパターンの魚』、『泳ぎ続けるためのエネルギー=血合いが豊富な魚』、『脂が美味しい魚』が多いようにも感じます。

ネットで調べたら、上り(初)カツオと戻りカツオでは2倍以上の脂質量の違いがあり、DHAやEPAの含有量も同様の傾向があることが実証されているそうです。

ではDHAとEPAを摂取することで得られるメリットは、

・虚血性心疾患の予防作用

・中性脂肪低下作用

・血圧低下作用

・糖尿病改善作用

・骨強化作用

・抗癌作用

等々、ここに挙げ切らない程の効力が知られています。

医食同源(=薬と食物は源が同じ)、今が旬のイワシやサンマをたくさん食べてもらいたいのですが、どうしても魚が苦手な人はサプリから始めましょう。

いい魚を食べて元気でいることが、筆者の細やかな願いです。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー