オオニべは食糧事情の救世主になれるのか!?

ニベのお化け?

ニベと呼ばれても、イシモチの方が馴染み深いかも。

兎に角でっかいニベ、その名も見たまんま「オオニべ」です。

今日は愛媛県宇和島の秀長水産から出荷されて来ましたが、三重県鳥羽辺りからもチョクチョクやって来ます。

しかし残念ながら、誰も目にとめてくれません。

美味しくないから?

そんなことはないはずですが、関東ではあまり人気はありません。

横浜市場では㈲港屋商店佐藤社長が良く買ってくれまうが・・・・・。

ニベは高級練り物の原材料として使われ、ニべの仲間である「オオニべ」なら味に大差ないはずです。

しかもオオニべは九州・宮崎県では養殖までされていると言うことは、それなりにニーズがあると言うことでしょうね。

デッカイことは良いこと?オオニべは大きいほうが美味しいと言われています。

1尾から何人前の切り身が出来るんでしょうか?

もしかしたら、「オオニべ」が日本の食料事情を救う救世主になるかも。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー