トピックス

サクラ色に誘われて桜鯛。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の御祝い事に、絶対に欠かすことが出来ない魚を紹介します。

これだけ言えば勘のイイ人は直ぐに分かるでしょうね。

ピンク色が鮮やかで、サクラの花を連想させる魚『真鯛』です。

このところ追っ駈けでも活けの真鯛が入荷していますが、ちょっと自然の発色に魅了されています。

と言うのもこの濃いピンク色は婚姻色で、ちょうど桜の咲く時期と重なることから桜鯛とも呼ばれています。

男ってピンクと言う言葉、色に弱いんですよね。

すいません、個人的な意見でした。

桜鯛は、子孫繁栄のためにメスが猛アピール。

なんて言ったて、真鯛は産まれて来た時は全てメスなんです。

雌性先熟と言って、メスで産まれてオスへ性転換するので有名なんですが、環境によって性転換したり、しなかったりとお家の事情があるようです。

圧倒的にメスが多いのであれば、子孫存続の競争も激烈化。

他よりも美しく、煌びやかにしないと駄目なんですね。

人間社会も魚の社会も、楽ではないんですね。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー