サザエは産地ごと匂いが違うらしい。

先日、特種相対品課の石川社員から興味深い話を聞いたんです。

それはサザエが産地毎に、特有の匂いがあると言うことです。

えっ!?そうなんだと思いつつ、サザエの匂いを嗅いでみましたが磯のイイ香りしか感じなかった。

臭覚だけは広い意味で鼻が効いていたはずなのに・・・・・(笑)。

当社で働くようになって、五感が研ぎ澄まされた気になっております。

但し、年のせいなのか?右の聴力だけ低下してますが。

サザエなど貝類は暑さに弱い、いわゆる「足の速い」食材です。

これからのシーズンはサザエにとっても過酷な環境。

ゆえに出荷されたサザエも運が悪いと死んでいることもあります。

そうすると石川社員は1つ1つの臭いを嗅いで、蓋を押して身の返し=反応を確かめています。

きっと無数のサザエの匂いを嗅いで来た石川社員だから、産地ごとに違う匂いが分かるんでしょうね。

これが一つの職人技かもしれません。

最近はスーパー量販店でも、サザエが普通に販売されています。

ご購入の際は、鼻を聞かせて下さいね。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー