サバは太刀魚釣りの頼もしい相棒。

自分は釣りをしないのに、釣りをする当社社員には「何が釣れるのか」「今、何を狙っているのか」聞いています。

当社のアングラー斎藤社員の話では、ある程度の釣果が見込めるのが太刀魚だそうです。

本来今の時期、生息域を深場に移している太刀魚なんですが、浅場に纏まっているようです。

しかし斎藤社員が狙っているのは、太刀魚じゃなくてカワハギ。

でもお目当てのカワハギがいない。

いない魚は当たり前ですが、釣れないそうです。

遊漁船でカワハギ釣りを仕立てても、ベテランアングラーが何とか2~3枚ゲット出来るかどうか。

ビギナーは推して知るべし、坊主は当たり前のようです。

だったら釣果を期待できる季節外れの太刀魚にしましょうよ、良いエサも入荷しているので・・・・・。

良いエサ?何のこと。

仲卸の㈱山本商店遠藤専務が、「そこのサバもっと安けりゃ、エサで全部買うよ!」と鮮魚課佐藤社員にオファーしているところを聞いた。

どういうことなのか佐藤社員にきいたら、サバのキラキラした皮が太刀魚を誘う優秀なエサになるそうです。

太刀魚にとって、キラキラ輝くサバの皮や短冊の切り身は何に見えるの?

さすが食いしん坊でフィッシュイーターで有名な太刀魚、どうやらシラスなどの小魚に見えるようです。

どこの漁港も不漁続きで良い話を聞きません。

せめて東京湾だけでも、良い魚を供給し続けて欲しいものです。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー