トピックス

サワラに尻尾=尾鰭は欠かせない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

魚偏に「春」で鰆=サワラです。

鮮魚課小島社員のセリ場には、福岡県芦屋産『旬鰆』が山積み入荷です。

 

そして同じ鮮魚課太田社員のセリ場にも千葉県銚子からサワラ。

産卵期の夏を除いて、ほゞほゞ市場には入荷のあるサワラ。

サワラの旬はいつなんでしょう?

関西では漢字の鰆が示す通り春、広義には初春から初夏。

関東では秋から初春の「寒鰆」と呼ばれているモノが好まれ、旬とされています。

しかし、京都の京鰆は寒鰆だから、絶対的な基準じゃないので参考程度に留めておいて下さい。

サワラにはとても失礼なんですが、発泡の箱に入っている姿を見ると笑ってしまうんですよ。

ほとんどの場合サワラの方が大きくて、尻尾=尾鰭が飛び出しているんです。

魚を確認しなくても、その光景を見ればサワラだと市場人は直ぐに分かるんです(笑)。

ちょっと可笑しいけど、何となく様になっているでしょ?

これで尻尾=尾鰭が無かったら・・・・・、想像出来ないしかなり恰好悪いですよね。

尻尾=尾鰭をどうにかする訳ではないですが、やっぱりサワラに尻尾=尾鰭は欠かせないですね。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー