トピックス

シマフグ、インスタ映えしませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はちょっとミーハーな観点から珍しい魚を紹介します。

その魚を見ての第一印象は、『インスタ映え』するかも?!

今までみたことのない種類のフグ、名前はもしかしたら外見通り?

なんて予想したら正解的中、『シマフグ』でした。

出荷されてきたのは、いきいき七尾魚でも有名な石川県七尾の宮下水産です。

白地に濃紺、そして蛍光色の黄色、自然の配色なんだけど、なんともファッショナブルなフグです。

どうですか『インスタ映え』しません?

イイねをたくさん貰えそうです。

こう見えても『シマフグ』は列記としたフグ科トラフグ属の魚で、ちゃんと食べることができます。

ただし、フグ調理師免許を保有した人が扱わないとNGですけどね。

高いか安いかと直ぐに金銭的な下世話な話になってしまいますが、シマフグはトラフグやマフグ等と比べてお手軽に入手出来ます。

フグに限っては、お気軽にお求め下さいとは言えないので、市場でもちゃんとした仲卸からお求め下さい。

フグと言って私が個人的におススメする仲卸は㈱北丑商店(=㈱キタウシ)。

㈱北丑商店の福島栄一郎社長は、フグ調理師免許取得の技術指導をしている凄腕の持ち主なんですよ。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー