トピックス

ジャ、ジャンボな赤貝は如何です!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高級食材が並ぶ特種相対品課のセリ場で・・・・・。

北海道は増毛からやってきたデ、デカイそしてジャ、ジャンボなボタンエビが登場。

よ~く見てみると、脚が動いている!

ピョンピョン飛跳ねる訳ではありませんが、仮死状態なのか触るとその刺激に反応します。

そして周りを見渡すと閖上から出荷されてきた赤貝。

えっ!?

こんなデカイ赤貝がいるんだと思わず呟いてしまいました。

赤貝は中国、韓国からの輸入モノが多いのですが、箱の感じから国産かな?

特種相対品課の石川社員に産地を聞いてみましたが、やっぱり国産、山口県から出荷されてきたそうです。

端から見ていて、きっとモノ欲しそうに見えたんでしょうね。

石川社員がジャンボ赤貝の殻を割って、身の状態を見せてくれました。

スッ、凄い!殻いっぱいに身が詰まってる。

これは買う価値ありますね。

そして赤貝はこのままでは食べれないので、貝の取り扱いが得意な仲卸㈱伊勢勝片山社長にお願いして捌いて頂きました。

紐と可食部がとてもキレイ、そして身が大きいので、1つで2貫の寿司ネタに使えます。

皆が関心があるのは味と取引値ですよね。

味は私がコメントするまでもなく最高、お求めの際は野口英世一人では心細いレベルかな。

ホッキガイみたいな赤貝、皆さん是非お試しください。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー