トピックス

セコガニでプチ贅沢にいきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少し扱いが違いすぎる気がしますが、特種課のセリ場にはズワイガニのメスも鳥取県網代港より入荷です。

発泡のケースには「活けセコ」表示、泡をブクブクさせ、もそもそと動いています。このズワイガニのメス、実に多くの呼び名があり、オヤガニ(親がに)メスがに、山陰地方でセイコガニ、セコガニ。丹後でコッペガニ、北陸でコウバコガニ(子箱ガニ、香箱ガニ)などと地域によって様々です。

オスのズワイガニが高騰する中で、メスの価格はとても安く美味しいので最近見直されています。

因みにメスの市場での卸値は数百円と買いやすい価格ですが、オスは数千円から数万円と桁違いです。

メスのズワイガニの最大の魅力は、濃厚な内子とカニ味噌です。

茹でガニ、味噌汁、カニ飯と手頃な価格なので、思う存分カニを入れて、プチ贅沢に行きませんか!

img_1249 img_1254

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー