タカベ、さすがにまだ夏ではなかった!

グズグズして、はっきりしない天気が続く。

これが梅雨なのか?

関東甲信越以南では既に梅雨入りしたようですが、当地はまだ発表までに至っていないけど・・・・・。

もう手が届くところまで梅雨がやって来ています。

梅雨と言ったら「入梅イワシ」や「梅雨イサキ」「タカベ」など、この時期美味しい魚が多く出荷されて来ます。

早速ですが仲卸店舗をチェックしてみると、㈱三栄水産でイワシ、

㈲山定水産でイサキ、

㈱石井水産でタカベを発見。

イワシやイサキはレギュラーな魚なので、並んでいて普通です。

しかし今の時期にタカベは、いわゆる「走り」。

旬の先取り的存在なので、とても貴重な存在です。

このタカベ、実は横浜丸魚で働くまで私は存在も、食べることもなかった魚です。

一般的に魚と言うと、ウロコを引いて、内臓を取り除くなど基本的な下拵えが必要なんです。

しかしタカベは調理方法によっても異なりますが、代表的なレシピ「塩焼き」の場合はウロコ引きだけで大丈夫です。

タカベの腹にはまるでラードのような脂がベットリついているので、腹を割らずに丸焼きするんです。

すると熱で温められたタカベの脂と身肉が、何とも言えない融合を果たすのです。

一部ではタカベのことを、「塩焼きの王者」と褒め称えているとか。

百聞は一見に如かず、一度試してみれば、その意味を直ぐに理解出来ると思います。

これから本格的に美味しくなる時期を迎えるタカベ、高級魚ですがスーパーにも並ぶこともあるので要チェックお願いします。

追伸

皆様にタカベの腹のラードを見せたくて、試しに腹を割ったんですが・・・・・。

まだ時期が早過ぎるのか、はずれでした。

次回は必ずリベンジしますよ。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー