タラタラ、鱈尽くし。

水産界もシブコにあやかりたい。

ついつい真鱈を見ていて、そのように考えているのは私だけかな。

スマイルシンデレラ渋野日向子が全英オープンで食べていて、注目を浴びた駄菓子「タラタラしてんじゃね~よ」。

ネーミングが良いよね。

「タラタラしてんじゃね~よ」の原材料には、魚肉が使われているので余計に親近感を覚えます。

でも娘がこんな言葉遣いをしてたら・・・・・、絶対にぶっ飛ばしているでしょうね(笑)。

真鱈、今の時期が旬。

真鱈の画像が急に欲しいと言われても、セリ場か仲卸店舗を何件か探せば、必ずどこかで見つけることが出来る食材です。

ご覧の通り、セリ場でオスの真鱈を発見。

肛門に指を突っ込んだ形跡が残っています。

こうなったらタラずくしを狙おうかな。

鍋のお供に真だち、白子は如何ですか。

白子が来たら次はあれでしょ!

これなんだか分かりますか?

真鱈子、これが正真正銘のタラコです。

煮付けなどにして食べるそうですが、かなり見た目グロいです。

そして個人的には触感、そしてそのものの希少性も併せて、一番大好きなのが真鱈ほっぺです。

真鱈ほっぺは、ソテーやフライにして食べると最高に美味しいです。

魚らしくないのがおススメ、魚嫌いのお子様でも抵抗なくいけると思います。

どうですタラずくし、試す価値ありますよ。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー