トゲカジカ、どんどん鍋壊しちゃえ!

関東の一般家庭の食卓に並ぶことは皆無?

「鍋こわし」なんて、物騒な別名までついている魚「トゲカジカ」を今日は紹介します。

今セリ場に並んでいるトゲカジカは、福島県から出荷されてきました。

よ~く顔を見てみると鬼の形相(怖い)。

でも、つぶらな瞳が可愛い。

オコゼに似てる?と勝手に思っていたら、魚の種類が違うので顔や背びれなど全然似ていませんでした。

似ているところは、汁物にすると美味しいところかな。

トゲカジカが「鍋こわし」なんて呼ばれ方するのも、カジカ汁が美味し過ぎて、箸で鍋を突き過ぎて壊してしまう程だからと聞いています。

セリ場で冷えたカラダを癒してくれるのは、やっぱり鍋かな。

でもアンコウ、真鱈、フグ、スッポン、そしてトゲカジカ、いずれもプリンプリンでトロ~ンとしたコラーゲン系だけど、しっかり素材を楽しめるモノばかり。

明らかに暖冬だと思いますが、でも、冬に冬の魚を楽しむ=春夏秋冬・四季にあった食材を楽しめるのは、日本に住んでいる人の特権じゃないかな。

カジカ汁を食べて、どんどん鍋を壊しましょう。

鍋が壊れたら、また買えばイイ。鍋がなくなったら、工場で作ればイイ。

もっとモノとカネが動かないとダメだと思う。

動きだせば、景気も良くなるかも。

でもその前に、トゲカジカで腹ごしらえ。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー