トピックス

トップアスリートならクジラを試してみたら!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久々のクジラ登場です。

しかも遠目から見ても高そうな部位。

今日は、北海道釧路沖で捕獲されたミンククジラです。

午前4時の段階で、3箱入荷で2箱は売却済み。

貴重な残り1箱でしたが、午前4時30分の段階で仲卸が購入しセリ場から無くなっていました。

今日の部位は赤肉の特クラスの「赤特」です。

ドリップした血液を吸うペーパーを外すと全容が・・・・・。

どうやって食べるのか?

私は高級牛肉や馬肉のように、刺身=生で食べることをおススメします。

クジラの赤肉は、低カロリー・高タンパク・低脂肪で低コレステロール。

そしてアミノ酸の一種である「バレニン」が赤肉には豊富に含まれているんです。

「バレニン」はクジラの巨大なカラダを支えるパワーとスタミナ。

そして、約80歳~120歳まで生きると言われているクジラの生命力の源となっています。

大人の話しになりますが、死ぬまで子供を産み続けるクジラの生殖能力は衰えない=老化しないそうです。

そこにもアミノ酸の「バレニン」が大きく関与しているそうです。

これだけ聞いていると、アスリートは絶対にクジラを食べた方がイイですね。

口から摂取した場合の実際の効果・効能は、私も分かりません。

しかし食べて美味しくて、カラダにとってプラスになるのであれば、クジラは試す価値はあると思います。

追伸

仲卸㈱ムラマツの店頭でキレイな赤肉発見。

さすが井原さんの目利き、そして買った後の処理も素晴らしい。

知っている人がクジラを扱うと、人の力量で色目や食感が全然変わるんですね、感心。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー