トライデントシーフーズのサラダフィッシュ、ひと手間加え自分流。

水産物卸なのに「豚のソテー」なの?

いえいえ列記とした水産加工品、しかも販売時はちゃんと真空パックされています。

今日紹介するのは、トライデントシーフード・ジャパン合同会社の「サラダフィッシュ」です。

原材料の魚は何を使っているのか分かりますか?

外観から判断すると、マカジキっぽいんですが・・・・・。

正解はスケトウダラなんですが、こんな形に切れるなんて凄い加工力です。

味付けがガーリックペッパー味と少し強よめ、淡白な白身だけど旨味深いスケトウダラにはピッタリかもしれません。

サラダフィッシュはそのものだけでも美味しいのですが、いろいろな料理に合わせ易く、加熱調理済みなのでそのまま食べれるところがセールスポイントです。

早速会社で試食。

おすすめの食べ方は、商品裏面に温めると一層美味しく食べれると注記されていました。

やっぱり誰でも美味しい食べ方を選択しますよね。

私も迷わずレンチンしてみました。

出来上がりはこんな感じです。

タラ独特の匂いが少し気になるかな?

スケトウダラの身にはしっかり塩味が効いており、白飯にも合う。

ガーリックペッパーのソースは正直物足りなさを感じたのですが、醤油をちょっと垂らしただけでサラダフィッシュ整いました。

万能ソースである、ガーリックバター醤油なんて添えたら・・・・・、嗚呼、想像不可能です(笑)。

今流行りのオメガ3脂肪酸も摂取出来るなんて、食べて良し、カラダにも良しと悪いところがみつけりません。

私が自身が買って食べる、そして誰かにおススメするかと聞かれたら・・・・・。

当然、「Yes」です。

追伸

取扱い上の注意点で、骨取加工を施しているが、稀に骨が残ることがあると記されていました。

稀を見つけてしまい、少しばつが悪いな。

でも私は骨を見つけて、逆に安心しました。

この切り身が成形されたものじゃないことの証明みたいなものだからです。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー