トピックス

ハナサキガニのかぶりつきは、怪我を覚悟して。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道に行ったら、絶対食べてやろうと心に勝手に決めていたのですが・・・・・。

発見できず、止む無く諦めた食材を特種相対品課のセリ場で発見しました。

超アップ、正体が何だか直ぐに分かったらかなりの水産物おたくかな(笑)。

活けのハナサキガニが、北海道は釧路より入荷しました。

外見はまるで、ヤドカリやヤシガニ、タラバガニのようです。

人は別として、動物などは見た目で判断することは重要。

ハナサキガニ、ヤシガニ、タラバガニは同じヤドカリ下目に属する親戚みたいな間柄です。

食べたことがないので、ネットで調べたんですがかなり美味しいようです。

ズワイガニやタラバガニに比べて、濃厚な味わいそして独特の甘みが特徴だそうです。

そしてあるサイトには「油がのって」と言う表現記載がありました。

どんな味わいなのか興味が益々湧いてきました。

カニ好きの間では、水揚げ量が少なく入手が困難なことから『幻のカニ』と呼ばれているそうです。

見ての通り棘棘なので『かぶりつき厳禁』、駄目だと言われたら余計やりたくなる人の心理。

漁期が厳しく管理されているハナサキガニ、プレミアム度が非常に高いカニです。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー