トピックス

ヒラマサ、只今日本海を回遊中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水産業は自然との闘い、そして共存。

でもあまりにも海が変わり過ぎて、漁師の方々も戸惑っているようです。

地球温暖化?海水温が確実に上昇していることは間違いありません。

だからなの?

九州は長崎県対馬や福岡県から、

本州は島根県多伎町、

京都は舞鶴よりまとまって入荷しています。

市場ではほゞ一年を通してお目にかかれる魚『ヒラマサ』です。

『ブリ』『カンパチ』『ヒラマサ』は、同じブリ属で『ブリ3兄弟』と言われています。

その中で『ヒラマサ』は、夏に産卵期を迎え身質が落ちる『ブリ』の穴を上手に埋めてくれます。

本来は初夏から夏が旬と呼ばれていますが、いつの時期でも安定した味わい楽しめる『刺し盛り界の安打製造機』です。

出荷されて来ている都道府県を見ていると、ある共通点が・・・・・。

そうです、みんな日本海側に集中している。

鮮魚課小島社員の話では『ヒラマサ、湧いている。』みたいです。

入荷している魚の形(大きさ)も大体似た感じです。

大漁なのは素直に嬉しい。

でも・・・・・、あまりまとまって水揚げがあり過ぎると、値崩れするのが心配です。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー