トピックス

マコガレイがどうやらお手頃価格らしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、東京湾からマコガレイが大量に入荷しています。

 

しかし、期待するような高値で取引されていないようです。

大量に獲れ過ぎているから?

『いいえ』そうではないようです。

仲卸の㈱ムラマツ村松社長に聞いてみると、『良く魚を見てみなさい』とアドバイスを頂きました。

すると、なるほど何となく理由がわかりました。

答えは『身の厚さ』。

ちょっと、薄っぺらい個体が混ざっているかな?

ヒラメやカレイは、魚体の大きさ、身の張りやエラの具合、身の厚みなどが目利きのポイントとなります。

産卵時期と重なり、夏の時期の座布団とは言いにくい状態です。

それでも、私の感覚では少し安すぎるイメージがありますが、逆転の発想、物事良いように考えれば・・・・・。

鮮度の良い内湾のマコガレイが安価で入手出来れば言うことなし。

刺身で食べるには少し辛いけど、丸ごと唐揚げにとろみのある中華餡やタルタルソースで食べたら最高でしょうね。

やはり素人目線と商売人目線の違い、現実取引の厳しさを再認識しました。

日々努力そして勉強、微力ながら魚食が少しでも広がるように、これからも自ら台所に立ち、拙い調理を挑戦して行きたいと思います。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー