ミズダコの頭、実は胴体でした。

やっと社会復帰しました。

愛嬢の受験も4日(木)で終了。

結果第一志望には嫌われ、横浜の地で学ぶことは出来ませんでした。

でも地元湘南の学校に入学が決まったので、親としては一安心です。

久々の食材ブログ、何を取り上げようかな?

ちょっと面白いモノが良いですよね。

だったらこちらは如何でしょうか。

何だか分かりますか?

ピグモンの肌?(私の年齢がバレてしまう。)

実は昨年も取り上げていましたが、訂正も含めてミズタコのある部分を紹介します。

タコの頭だと思ったら、正式には胴体=外套膜と呼ばれるの部分でした。

ではタコの頭って何処にあるのでしょうか。

タコの頭は胴体と腕(脚)の間にあり、今日の胴体には内臓などの大切なモノが・・・・・。

人間って残酷、何でもたべちゃうんです。

ネットで「タコの頭」と検索したら、沢山のレシピがアップされていました。

数個中身を閲覧してみると、どのレシピにも「足よりも柔らか」「足よりも美味しい」等々の感想を目にしました。

こんなデカいのタコ焼きの具に使ったら、思う存分味わえるでしょうね。

お子様やお年寄りでも楽しめる「タコの頭」、いいえ訂正「タコの胴体」。

どうぞお試しあれ。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー