トピックス

メゴチ、見た目と違って繊細な味わい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんだけ魚好きなの?と言われることに快感を覚えています。

食べることも好きだけど、上手に魚を捌くことが出来ると楽しく思えてきました。

きっと、仕事じゃなくて趣味の世界だから、気楽にやっているんだと自己分析。

今回も鮮魚は㈲元初商店大菊社長のお店で調達、前回のヒメゴチの流れからメゴチにしました。

なぜかって、前回のヒメゴチの天麩羅が、思いのほか我が家で好評だったので・・・・・。

正直、図に乗りました。

メゴチは松葉おろしにし、天麩羅のタネに仕上げるところまでやってみました。

今回のメゴチは、千葉県銚子のマルシン水産より出荷されたモノです。

噂では、メゴチは天麩羅にするとキスより美味しいらしいです。

やっぱり海底に生息する甲殻類や貝類等を餌として捕食しているメゴチ、噂も何となく納得が行きます。

メゴチの肛門近くから包丁を入れて、頭を取り除いてしまいます。

ちょっと捨てる身肉が勿体ないと思いギリギリで切ると、内臓が破裂して底モノ魚の内臓にあるあるの『ドブ臭』が炸裂するので要注意です。

躊躇なくバッサリ頭を落として下さい。

これで松葉おろしは完成。

後は衣をつけて、油で揚げるだけです。

簡単楽しく準備が出来るので、絶対におススメです。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー