ワカサギ、キュウリウオ科のニオイは匂い。

この魚を見つけると、パブロフの犬のように涎が・・・・・。

さすがにそこまで口元が緩んでないですよ。

でも条件反射的に、キュウリウオ科の魚を見つけると匂いを確認してしまうんです。

北海道標津・知床の北海永徳から出荷され、やってきましたワカサギです。

(※獲れた詳細な地名はわかりませんが、おそらく網走湖かサロマ湖だと思います。)

冗談じゃなくご覧の通り蓋を開けた状態で、周囲に香り高い匂いが漂っています。

キュウリウオ科の肴には独特の青臭さがあり、この香りは鮮度が高くないと楽しめないものです。

漢字で「におい」は、良いニオイを「匂い」、くさいニオイを「臭い」と表現するそうです。

実はキュウリがあまり好きじゃない私でも、キュウリウオ科の香りは別格。

勿論、ワカサギのニオイは匂いです。

美しい魚は美味しい、勝手に私は決めてます。

そして仲卸の㈱伊勢勝で北海道産ワカサギ買っちゃいました。

今晩、唐揚げにして食べようかな。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー